MMDSをフォローする

3Dプリントの精度とシステムの関係

3Dプリント

光造形の精度とその限界

光造形は高精度が自慢ですが、切削加工と比べるとその精度は劣ります。この違いの原因はプロセスにあります。光造形では、光が当たった直後の樹脂は約50%しか硬化しておらず、次の積層と重合するためにこの硬化率に留められています。

未硬化部分と精度の低下

このため、未硬化部分が多く残り、底面が下がってしまい、これがZ方向の厚みを生み出し、精度が低下します。また、樹脂は90%まで硬化する過程で収縮し、UVによる二次硬化でも収縮が発生し、樹脂やデザインによっては反りも生じやすくなります。

樹脂の最適化と運用の問題

プリンターと樹脂を別々に購入して運用すると、こうした問題が起こりやすくなります。これは、樹脂がマシンに最適化されていないためです。様々な樹脂が使用できるオープンソースマシンは非常に魅力的ですが、精度を厳密に追求すると限界があります。

クローズドシステムの推奨

切削加工と同等の精度を求めるのであれば、高価ではありますがクローズドシステムをお勧めします。クローズドシステムでは、プリンターと樹脂が最適に調整されているため、安定した高精度の造形が可能です。