MMDS

3Dプリント

光造形方式3Dプリンターの実用品化が難しい理由

光造形方式の3Dプリンターは高精度で速い造形が可能ですが、感光性樹脂の強度不足により実用品としては不向きです。高分子樹脂の粘度の高さが問題で、精度を保つためには低分子樹脂を使う必要があります。この工法上のジレンマが強度不足を引き起こしています。
3Dプリント

3Dプリント業界とAIの関係

3Dプリンターは複雑な形状を容易に作成できる技術として知られていますが、その素材の脆弱性や耐久性の問題から、射出成形品と同等には扱えません。 精密な形状を作れる一方で、使用時の耐久性、生体適合性、耐候性、耐熱性、靭性が低いため、実用的な用途...
3Dプリント

3Dプリンティングによる変革

かつては木型と真空成形が主流であった試作品製造が、3Dプリンティングに移行することで、どのように変わったのかを記述します。 スピードと柔軟性の向上 木型や真空成形では、製作に時間がかかり、特に木型はその作成自体が高度な技術を要する手間のかか...
真空成形

真空成形と木型について

木型と真空成形は、製品のプロトタイピングや小規模生産に使用される技術です。それぞれの特徴とプロセスについて詳しく説明します。3Dプリンター導入以前はこのような工法で試作品の製造をしていました。
真空注型

真空注型と他の工法とのコスト比較について

真空注型、射出成形、および3Dプリントは、異なる製造プロセスであり、それぞれ独自の利点と制約を持っています。これらのプロセスを経済的に比較するには、さまざまな要因を考慮する必要があります。
真空注型

自動車部品の試作における真空注型

真空注型は自動車部品の試作に特に適している理由がいくつかあります。この技術は、主にプロトタイプや小ロット生産に使用され、多くの利点を提供します。以下にその主な理由を挙げます。
真空注型

真空注型とは

真空注型(しんくうちゅうけい、Vacuum Casting)は、プロトタイピング(試作品製造)の分野で用いられる、比較的低コストで迅速に複数の高品質な複製品を製造できる技術です。